脱毛症に悩まされる男性とエフペシアの写真

フィナステリドとはAGA(男性型脱毛症)の治療成分です。当サイトではフィナステリドの効果や副作用についてまとめております。また同じくAGA治療に用いられるミノキシジルという成分との違いについてもご紹介いたしますので、ご覧ください。

フィナステリドはAGAの進行を食い止めるのに効果的

薄毛や脱毛などの頭髪に関する悩みが発生する原因には、様々なものがあります。たとえば血行不良です。特に頭皮に血行不良が起きると、発毛に必要な栄養が毛母細胞に届きにくくなってしまいます。これは栄養は血中に混ざって届けられるためです。発毛や育毛のためには毛母細胞が活発に分裂することが必要で、そのためにはそのエネルギーとなる栄養が必要不可欠です。よって血行不良が発生すると、頭髪に関するトラブルが発生しやすくなると言うわけです。そして男性型脱毛症と呼ばれているAGAの場合には、男性ホルモンと特定酵素が大きな原因となっています。AGAは症状としては頭頂部にOの字で、また額の両端からMの字で薄毛や脱毛が広がるのが特徴で、早い人では思春期くらいから発症することも少なくありません。男性の体内では男性ホルモンが分泌されていますが、これが男性ホルモンの受容体に結合すると、そこで特定の酵素が分泌されます。その酵素の影響を受けると、男性ホルモンは頭髪トラブルを引き起こしやすくなる、発毛や育毛を阻害する作用を持った物質に変換されてしまうためAGAが発症すると言うのがそのメカニズムです。男性ホルモンの受容体が毛乳頭にあり、特につむじや前頭部に多くあるため、これが発症した時にはその部分に薄毛や脱毛があらわれやすくなるのです。ですからこの進行を食い止めるためには、男性ホルモンや特定酵素の分泌に働きかける成分が必要です。そこで登場するのがフィナステリドです。フィナステリドは、実はもともとは医療現場で使用されていた成分で、前立腺疾患の治療に利用されていました。ですからフィナステリドを利用することで、男性ホルモンや特定酵素に影響が及ぼされるため、AGAに対する効果が期待できるとされているのです。