脱毛症に悩まされる男性とエフペシアの写真

フィナステリドとはAGA(男性型脱毛症)の治療成分です。当サイトではフィナステリドの効果や副作用についてまとめております。また同じくAGA治療に用いられるミノキシジルという成分との違いについてもご紹介いたしますので、ご覧ください。

AGA治療成分フィナステリドとは

フィナステリドは5α還元酵素阻害薬に分類される成分で、男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症の治療薬として用いられています。
AGA治療では薬物療法を選択した際に、症状の進行を抑える目的で処方される薬となります。
AGAは悪性の男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)が高濃度で生成されると、ヘアサイクルを狂わせて毛が抜けやすくなり、さらに成長さえできなくなると言われています。
このDHTを生成する物質が、男性ホルモンであるテストステロンと5α還元酵素の2つで、両者が結びつくとDHTへと変性するようになります。
そのため、フィナステリドを成分にした治療薬を服用すると、5α還元酵素が阻害されDHTの生成が抑制されることでヘアサイクルが正常な状態に戻り、AGAの進行が止まることで脱毛や薄毛の状態が改善されます。
このフィナステリドの5α還元酵素への作用は、その他の治療薬の作用にあまり影響が出ないのが特徴で、様々な薬との併用が可能となっています。
併用禁忌薬は現在のところ存在しておらず、AGA治療で発毛を促進させると言われるミノキシジルとの併用や、ED治療薬、抗うつ剤などといったものとも同時に使用することが可能です。
フィナステリドの副作用の発生率は非常に少なく、安全性のあるものと言われていますが、ごく稀に性欲減退や勃起障害、精子減少、うつ症状、肝機能障害などが起こるとされており、軽度なものは少なく重症化するものが多いことでも有名です。
AGA治療においてはフィナステリドによって、薄毛の進行を食い止めることはできますが、発毛や育毛そのものには働きかける効果はないので、薄毛を早く治したい人では育毛剤などと併用するのが効果的だとされています。

▼自分の住んでいる近隣でAGA治療をしたい場合はこちら
広島でAGA治療ができる病院